基町POP'La通りのポプラの木 「ポップラ」 は、春の新緑、夏の青葉、秋の黄葉、冬の休眠、そして再び春の芽吹きを迎えます。

ポップラ・ペアレンツ・クラブは、2004年9月7日の台風18号で倒れたポップラの再生への取り組みの経験をもとに、毎月第4土曜日に基町POP'La通りの草刈りや清掃活動を行っています。

樹高26メートルの空から、ヒロシマの復興を見続けてきた水辺の1本 「ポップラ」 は、2008年11月1日に切り株ベンチに姿を変え、2011年2月26日、土にかえりヤングポップラへ世代交代しました。2014年2月に3代目ポップラが里帰りし、その成長を見守っています。「ポップラストーリー」はこれからも続きます。 基町を巣立った子どもたちの様子は 「ベビーポップラ物語」をご覧ください。



inserted by FC2 system